ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

9月のペトロブラスの原油生産は2008年4月以来で最低


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




いやー、2008年以来の過去最低水準ですか、ペトロブラスの原油生産量。これは結構しんどいですねぇ…そして石油価格は値上がりしそうな雰囲気ですね…

—————————————————————————————————
■9月のペトロブラスの原油生産は2008年4月以来で最低

9月のペトロブラス石油公社の1日当たりの原油生産は、184万3,000バレルと2008年4月以来の最低を記録、生産コストの上昇並びに石油の輸入増加で収益が圧迫されている。

ペトロブラスの第3四半期の純益は、前年同期比12%減少の55億6,700万レアルを記録して、第2四半期の13億4,600万レアルの赤字から一転して大幅な黒字に転じたにも関わらず、予想の80億レアルを大幅に下回ったために、昨日の同社の株価は3.45%下落している。

同社は今年の1日当たりの石油生産は、202万2,000バレルと目標を大幅に下回るが、目標達成するためには、11月並びに12月の石油生産量を9月比で20%増加させなければならない。

ペトロブラスでは、古い油田の生産性を上げるプロジェクトを開始、1日当たりの石油生産は1万6,000バレル増加して生産性が70%から72%に上昇、しかし最終目標は生産性を90%まで引き上げる。

第3四半期の石油派生品の輸入は、輸出を26万1,000バレル上回って前四半期比では輸入が45%と大幅に上昇、またペトロブラスの従業員のサラリー調整で更に純益が悪化している。

昨日、同社のグラッサ・フォスター総裁は、時期は明確にしていないにも関わらず、石油並びにディーゼル燃料の値上げが避けられないと明言、ブラデスコ銀行の調査では、国際石油価格はブラジル国内の石油価格よりも22%安いために、価格転嫁は避けられないとコメントしている。(2012年10月30日付けエスタード紙)

http://jp.camaradojapao.org.br/news/noticias/noticias-energia/?materia=10908