ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ウジミナス、圧延鋼板ライン拡充 ブラジル鉄鋼大手


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ウジミナスが1000億円投資して、新たな製造ラインを新設したそうです。自動車のホイール向けも含まれているようで、自動車産業の影響はこのあたりにも届いてますね。

—————————————————————————————————
■ウジミナス、圧延鋼板ライン拡充 ブラジル鉄鋼大手

 【クバトン(ブラジル南東部)=宮本英威】新日鉄住金傘下でブラジル鉄鋼大手のウジミナスは31日、熱延設備を拡充したと発表した。クバトン製鉄所(サンパウロ州)の敷地内に、建材やパイプラインなどに用いる高級鋼板の製造ラインを新たに設けた。投資額は25億レアル(約1000億円)で、年産能力は230万トン。高級鋼の需要を取り込み、事業基盤を拡充する。

 31日に従業員や取引先が参加する式典を開いた。フリアン・エグレン社長は「他社との差別化につながる。顧客の必要性に応じた製品提供に力を入れたい」と語った。

 新ラインで製造する鋼板は、石油やガスといったエネルギー関連や自動車のホイール向けに用いる。同社幹部によると、剛性が高く、製品精度は日本国内のラインをしのぐ水準だという。

 クバトン製鉄所には、現在は年220万トンの生産能力がある熱延ラインが稼働しているが、今後は徐々に新ラインに移していく。

 ウジミナスの粗鋼生産能力は年920万トン。景気の減速に伴い、現在の設備稼働率は8割程度にとどまっている。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0101S_R01C12A1EB2000/