ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

10月のトラック販売は47.4%増加


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




トラック販売が47%も増えたんですか!これまたえらい急激な伸びですね。前月比ですよ。金利引き下げの影響とのことですが、なんだかこう振り回されてしまっている感も否めなくもないですね。。。

—————————————————————————————————
■10月のトラック販売は47.4%増加

社会経済開発銀行(BNDES)の特別産業金融機関(FINAME)の金利が9月に5.5%からインフレ指数以下の2.5%まで切り下げられたために、トラックや機械・装置などの購入向けクレジット要請が大幅に増加している。

10月のトラック販売は、クレジット金利が2.5%まで切り下げられた影響で前月比47.4%増加の1万2481台を記録、2.5%のクレジット金利は年末まで有効となっている。

サン・ベルナルド・ド・カンポス市のフォードの工場では、トラックの販売不振の影響で1週間に4日勤務であったが、10月のトラック販売が好調に推移したため先週から5日間勤務に戻している。

ディーゼルエンジンメーカーのCummin社では、8月から週4日勤務を続けていたが、販売が上昇してきたために5日勤務に戻して増産体制に切り替えている。

しかしメルセデス・ベンツ社は、連邦政府から2,100台のトラック発注があったにも関わらず、1,500人のABC Paulistaの金属工の臨時解雇を来年1月まで継続する。

今年のトラック販売は、前年の17万2,600台から15%から20%減少すると予想、今年10カ月間のトラック生産は前年比40%減少しており、今年初めから排気ガス規制がEuro5対応に変更になるのを控えて、昨年末にEuro3対応のトラック販売の駆け込み需要が大幅に増加、いまだにEuro3対応のトラック販売は16.5%を占めている。(2012年11月6日付けヴァロール紙)

http://jp.camaradojapao.org.br/news/noticias/noticias-automotivo/?materia=10931