ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

9月の製造部門の生産は14地域のうち12地域でマイナス


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




14地域中12地域って、率にして86%、相当高い比率が厳しい状況のようです。景気の影響を受けつつも、政府の景気刺激策の影響でちょっと持ち直して、ぎりぎりのラインをさまよっているような状況でしょうかね。

————————————————————————————————
■9月の製造部門の生産は14地域のうち12地域でマイナス

ブラジル地理統計院(IBGE)の9月の製造部門の月間生産調査によると、調査対象の14地域のうち12地域では、前月比でマイナスを記録して世界金融危機の影響を受けた2008年12月以来では最悪となったが、僅かにパラー州が2.6%増加、北東地域は0%であった。

9月は在庫調整による生産減少並びに少ない営業日数、また8月末で終了する新車購入向けの工業製品税(IPI)の減税政策終了に伴う駆け込み需要の影響による新車販売の落ち込みなどで、9月の製造部門の生産は減少した。

9月のサンパウロ州の製造部門の生産減少は、機械・装置セクター並びに食品セクター、自動車セクターが大幅に落ち込んだためにマイナス1.2%、リオ州は石油・天然ガス生産のプラットフォームのメインテナンスの影響が大きかった。

ブラジルの製造業部門を牽引するサンパウロ州並びにリオ州、ミナス州の9月の製造部門の生産は前月比マイナス1.4%、2.6%と大きな伸び率を記録したパラー州は、過去数カ月間に亘って製造部門の生産はマイナスを記録していた。

第3四半期のブラジル全体の製造部門の生産は前四半期比で1.0%増加、14地域のうち8地域では前四半期比で増加、しかし過去12カ月間のブラジル全体の製造部門の生産はマイナス4.4%と大幅に減少している。(2012年11月9日付けエスタード紙)

http://jp.camaradojapao.org.br/news/noticias/noticias-politica/?materia=10940