ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

絶滅危惧種のクローン作成を計画、ブラジル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




これはまた意見が分かれそうな話、ブラジルでクローンをつくるそうです。絶滅危惧種なら良いのでしょうか?う〜ん、なんとも難しい問題ですね。個人的には、ちょっと違うんじゃないかなーとも思ったりしますが。

————————————————————————————————
■絶滅危惧種のクローン作成を計画、ブラジル

【11月16日 AFP】ブラジル農牧研究公社(Embrapa Cerrado)は14日、ジャガーなどの絶滅危惧種の保存を目指し、これらの動物のクローンを作成する計画だと発表した。

 農牧研究公社はブラジリア動物園(Brasilia Zoo)と共同で、ジャガーやタテガミオオカミ、ブラジルに生息するシカなど、絶滅危惧種や個体数が激減している動物の人工授精、胚移植などの実験も行う。両者は近く、共同協定に署名する予定だ。

 農牧研究公社のカルロス・フレデリコ・マルティンス(Carlos Frederico Martins)氏によると、クローン動物は誕生しても野生には戻さないことから、短期的には種の保存にはつながらない。また、クローンの誕生までには数年が必要だという。ただし、将来的に人工授精や胚移植で生まれた個体を野生に戻す可能性はあるという。

 世界有数の牛肉輸出国であるブラジルでは2001年3月、牛肉の品質改良を目的としたウシのクローニングにすでに成功している。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2912177/9845124