ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル財務相、13年の電気料金値下げ実施を再度強調


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「再度強調」とのことではありますが、まだ確定になったわけではないんですかね。電気料金が下がれば、確かにメーカーを中心にメリットも多そうですが、値下げにならない可能性もまだあるようで。だから「再度強調」してプレッシャーをかけてる感じですかね。楽しみに待ちましょう。

————————————————————————————————
■ブラジル財務相、13年の電気料金値下げ実施を再度強調

 ブラジルのマンテガ財務相は14日の地元経済紙バロール・エコノミコのインタビューで、ルセフ大統領が9月に発表した電気料金の平均20%引き下げの実施時期について、13年から行う考えを改めて強調した。ブラジル産業の競争力を高めるために不可欠な電気料金の引き下げは、現在の電力会社のコンセション契約(建設後、一定期間の独占的営業権が与えられて事業を運営する契約)が期限切れとなり、発電コストが見直される15-17年まで待つことはできないとしている、

 電力会社は同契約の更新を拒んで料金値下げをしない可能性もあるが、同財務相はそれでも政府として13年からの電気料金の引き下げは行うとしている。ただ、その場合、電気料金の値下げの原資として財政資金は投入しない方針だという。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F1117%2Fstockname_1117_003%2F0%2F1/