ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

日本人パティシエが優勝 ジュニア世界コンクール


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




サンパウロで開かれた「世界ジュニア製菓技術者コンクール」で、日本人が優勝したそうです!おめでとうございます!しかしこのようなコンクールがサンパウロで開催されていたとは知りませんでした。これを機に、ぜひブラジルにも砂糖たっぷりで甘いだけのスイーツではなく、砂糖控えめで味わい深いスイーツが増えることを期待したいところです^^;

————————————————————————————————
■日本人パティシエが優勝 ジュニア世界コンクール

 25歳未満の若者が洋菓子づくりの腕を競う世界ジュニア製菓技術者コンクールがブラジル・サンパウロで15日行われ、新潟市在住の上野実里菜さん(22)が優勝した。

 上野さんは新潟市内の製菓専門学校で助手を務めており、昨年10月にロンドンで行われた技能五輪優勝に続く快挙。共同通信の電話取材に「重圧を感じていたが、優勝できてほっとしている。胸を張って日本に帰れる」と喜びを語った。

 あめ細工やケーキなど5種類の洋菓子製造で、欧州を中心とする8カ国・地域代表14人パティシエが技術や出来栄えを競った。衛生面に細心の注意を払いながら美しい菓子を作った上野さんが最高の評価を受けた。

 上野さんは「将来は自分の店を持ちたい。生徒に夢を与えられるような存在になりたい」と話した。(共同)

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/121117/cpd1211171400001-n1.htm