ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルなどの米国債保有の増加分、中国の減少分の約2倍に


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブラジルは米国債を増やしていたんですね。一方で中国は減らしていたと。なんだかここらへんの動き、イマイチ身近な感がなくて少々鈍いのですが…^^;

————————————————————————————————
■ブラジルなどの米国債保有の増加分、中国の減少分の約2倍に

  11月19日(ブルームバーグ):米国の「財政の崖」や連邦債務の法定上限をめぐる再度の対立、中国の米国債保有といった懸念材料にもかかわらず、外国投資家の米国債への需要は旺盛だ。

ブラジルとベルギー、ルクセンブルク、ロシア、スイス、台湾、香港の各国・地域は、債務上限をめぐる議論が決着した昨年8月以来、米国債の保有を合計2648億ドル(約21兆6000億円)相当増やした。16日に発表された米国債データによると、米国債の保有額で世界最大の中国は同時期に1230億ドル 相当減らし、1兆1560億ドルとなった。

海外勢による米国債保有の増加は、米国への信頼の高まりを示す。一方、中国の保有額減少により、中国の米国に対する影響力が強くなり過ぎたとの共和党の主張の根拠は弱まった。オバマ大統領と議会指導部は16日、来年1月に6000億ドル余りの強制的な歳出削減と減税失効が重なる財政の崖の回避に向け、長期的な財政計画の協議を開始することで合意した。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MDPN3Z6K510P01.html