ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルの13年成長率、4%下回る水準か-アナリスト調査


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




来年の成長率、4%を下回りそうとのこと。3.96%だそうです。う〜ん、なんだか下方修正ばかりの気がしますが、まぁ今はしょうがないんですかね…景気刺激策の効果はどこへ?

————————————————————————————————
■ブラジルの13年成長率、4%下回る水準か-アナリスト調査

  11月19日(ブルームバーグ):ブラジル経済担当のアナリストは、2013年の同国の成長見通しを4%を下回る水準に初めて引き下げた。同国で投資減速が続いていることを理由に挙げている。

ブラジル中央銀行が19日公表した調査によると、来年の国内総生産(GDP)伸び率の予想中央値は3.96%。調査はアナリスト約100人を対象に実施された。前回下方修正したのは8月3日で、それ以降は4%が見込まれていた。アナリストは今年の成長率予想についても、従来の1.54%から1.52%に引き下げた。

マンテガ財務相によると、ルセフ政権は来年に少なくとも4%の経済成長を確保するため、景気刺激策を拡大している。中銀は政策金利を過去最低に引き下げ、政府は減税や公共支出拡大を打ち出した。

エスピリト・サント・インベストメント・バンクのシニアエコノミスト、フラビオ・セラノ氏は電話インタビューで、「刺激策のおかげでこのところ成長は加速している」と指摘。「依然として投資不足のため、持続的なものではない。政府の措置は一段の投資よりも消費拡大を狙ったものだ」と説明した。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MDRQVK6K50ZI01.html