ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

Jがブラジルで初のトライアウト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




これは面白い試みですね。ブラジルの若手選手の青田買い、合同トライアウト。この制度によってJリーグにたくさんのブラジル人選手が訪れ、活躍し、Jリーグが活気づくといいなと思います。10クラブに対して100人の選手。果たして何人がマッチングされるのでしょうかね。

————————————————————————————————
■Jがブラジルで初のトライアウト

 来季の新助っ人補強に向け、Jリーグのクラブを対象にブラジル人選手の獲得を目的とした大規模な合同トライアウトが12月にブラジル・サンパウロで開催されることが19日、分かった。ブラジル全域から選抜されたトップクラスの若手約100人が集結する初めての試みで、J1、J2の計約10クラブの強化担当者が視察予定。ブラジル人選手を発掘する新たなルートとして注目されそうだ。

 関係者などによると、スポーツマネジメント最大手「トラフィック社」が日本で活躍したブラジル人選手の傾向を分析した上、独自のスカウト網から300人以上の若手プレーヤーを集めて事前テストを実施。厳選した約100人を12月10日から4日間、サンパウロの施設に集めてトライアウトを開催する。

 Jクラブの担当者はプレーの視察に加えて、選手と同じ施設に宿泊することで生活態度や性格など競技面以外の適応要素を直接把握できるため、獲得リスクを最小限に抑えることができる。金銭的な条件があらかじめ提示されており、他の代理人が介在することもなく、「適正価格」が保証されていることもプラス材料だ。

 ブラジルでは無名の存在ながら、若くしてJリーグで経験を積み、代表まで上り詰めたFWフッキ(現ゼニト)のような選手の獲得も夢ではない。

 史上初の「ブラジル人トライアウト」は埋もれた好素材を発掘すると同時に、Jクラブの貴重な「補強」の場となりそうだ。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2012112002000164.html