ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

不倫系出会いサイト 聖市に事務所を開設予定


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




不倫系出会い系サイト、ブラジルは展開中の25ヶ国の中でアメリカに次ぐ世界2位のユーザー数だそうです。あまりに人気があるので、サンパウロに事務所を開設して事業を強化しよう、と。すごいですね。ちなみにこのサイト、日本にもあるんですかね?^^;

————————————————————————————————
■不倫系出会いサイト 聖市に事務所を開設予定

 カナダの不倫系出会いサイト「アシュリー・マディソン」が、今年末までに聖市内で事業所を開設する準備を進めている。伯国民の会員数は既に85万人に上っているという。16日付フォーリャ紙(ウェブ版)が報じた。

伯国内でのサービス提供を昨年から開始した同サイトは、売春広告が掲載されるなど多くの問題が指摘されていた。同サイトが海外事業所を開設するのは聖市が初めてで、まず従業員3人を雇用する予定となっている。

同サイトでは、裕福な高齢男性や女性が若いパートナーを探すための出会いサービス「シュガー・ダディー」や、不倫相手を見つけられなかったユーザーに対する返金制度「アマンテス・ガランチード」といったサービスを採用している。さらに伯国向けの企業戦略として、同性との不倫関係を望む既婚男性向けサービスに注力していく方針だ。

アシュリー・マディソン伯国支社によると、同サービスが提供されている世界25カ国の中で伯国はユーザーの増加率が最も大きく、ユーザー数は米国に続き世界2番目だという。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/11387/cat/1