ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル代表監督解任=戦術批判や不仲が影響か-サッカー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




予想通り、マノ・メネゼス解任になってしまいましたね…でも「成績不振が理由ではない」と連盟が言っているそうですが、なんだかそれも変な話ですよね。成績不振が理由だとスパっと言い切ってしまった方がスッキリするような。。。^^; さて、後任は誰になるでしょうかね?やはりフェリペでしょうか?

————————————————————————————————
■ブラジル代表監督解任=戦術批判や不仲が影響か-サッカー

 【サンパウロ時事】ブラジル・サッカー連盟は23日、マノ・メネゼス代表監督(50)とコーチ陣全員の解任を発表した。連盟側は「成績不振が理由ではなく、新たなやり方を模索したい」と説明しているが、かねてメネゼス監督とマリン連盟会長の不仲説も取り沙汰されており、同監督の戦術への批判も重なったことが影響したとみられる。

 メネゼス氏は、2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で8強にとどまったドゥンガ前監督の後任として起用され、地元開催の14年W杯まで指揮を執る予定だった。五輪代表も含め、これまで40試合を率いて27勝7敗6分けの戦績。だが、11年の南米選手権では準々決勝で敗退し、初の五輪制覇を目指したロンドン五輪でも決勝で敗れ銀メダルに終わるなど、公式大会で期待通りの結果を残せなかった。

 ブラジル連盟は、新監督を来年1月に発表する予定。後任候補には、02年W杯日韓大会でブラジルを優勝に導いたスコラリ氏や、名門サントス監督のラマーリョ氏らが挙がっている。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201211/2012112400136