ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル、大豆輸出世界一に 収穫高で米超え、鉄道会社オール恩恵


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブラジルが大豆輸出国世界一位だそうです!おめでとうございます!(まだ「見通し」ではありますが…)収穫高が過去最高の8300万トンだそうです。コーヒー、オレンジ果汁、砂糖に続いて、大豆でも世界最大の輸出国。誇らしいですね^^

————————————————————————————————
■ブラジル、大豆輸出世界一に 収穫高で米超え、鉄道会社オール恩恵

ブラジルが米国を抜き世界最大の大豆輸出国となる見通しだ。鉄道会社オール・アメリカ・ラティーナ・ロジスティカが輸出拡大に一役買っている。ブラジルは既にコーヒー生豆やオレンジ果汁、砂糖の世界最大の輸出国。

 オールはブラジルで約1万3300キロメートルに及ぶ鉄道網を保有する同国最大の鉄道運営会社。農地は沿岸部から数百キロメートル離れた内陸部にあるため、鉄道網は積み出し港への主要な輸送手段となっている。ブラジルでは大豆収穫高が過去最高の8300万トンとなる見通しで、米国を抜き世界最大の生産国となる可能性が高まっている。このため、今シーズンの大豆の鉄道輸送量は例年を上回る見込み。

 ブローカーのコンコルディア・コレトラ(サンパウロ)のアナリスト、カリナ・フレータス氏は、大豆ブームによりオールの株価は投資家の予想を上回る上昇を示すとみている。フレータス氏は「収穫の規模はまだ株価に織り込まれていない」と指摘。「収穫高が過去最高水準に達すれば、オールは鉄道業界で最もその恩恵を受けるだろう」と述べた。オールを担当するアナリスト18人のうち9人が同社の投資判断を「買い」とし、「売り」を推奨しているのは1人にとどまっている。(ブルームバーグ Rodrigo Orihuela、Mario Sergio Lima)

http://www.sankeibiz.jp/business/news/121129/bsk1211290505005-n1.htm