ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

熱帯雨林消失が過去最小に アマゾン、取り締まり効果


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




アマゾンの熱帯雨林消失が4年連続で過去最小!これは素晴らしいですね!とはいえ、まだまだ4656平方キロという巨大な面積を消失してしまっているのは事実ではありますが、でも鈍化傾向に向かっているのは良い事だと思います。違法伐採の取締り、効いてるみたいですね^^

————————————————————————————————
■熱帯雨林消失が過去最小に アマゾン、取り締まり効果

 ブラジル国立宇宙研究所(INPE)は27日、世界最大の熱帯雨林がある同国アマゾン地方で今年7月までの1年間に消失した森林の面積が4年連続で過去最小となったと明らかにした。消失面積は推定約4656平方キロで、調査を始めた1988年以降、最小を更新した。

 森林の消失は牧草地や農地の拡大を狙った違法伐採が主な原因。ブラジル政府は武装警官の動員や衛星による監視など、取り締まりを続けている。27日、記者会見したテイシェイラ環境相は「政府の対策が効果を上げている」と指摘。環境相によると、消失面積は昨年に比べ27%減少した。

 ブラジル政府は2020年までに年間の消失面積を4千平方キロ以下に削減する目標を掲げており、環境相は「目標に近づいた」と強調した。(共同)

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/121128/cpc1211281814006-n1.htm