ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

サッカーW杯に旭硝子納品 「割れないベンチ屋根作る」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




旭硝子がW杯で使用される12スタジアムのベンチのガラス屋根、合計24個を受注。その屋根にロゴを入れていいそうで、宣伝効果は確かにありそうですね。「絶対に割れないガラス」ということで、日本の技術力が問われそうな仕事、楽しみですね!

————————————————————————————————
■サッカーW杯に旭硝子納品 「割れないベンチ屋根作る」

旭硝子は、2014年のサッカーW杯ブラジル大会で、選手らがグラウンドで待機するベンチのガラス屋根(長さ約12メートル)を提供する。国際サッカー連盟(FIFA)の公式認定品の製造会社として旭硝子が選ばれ、10月末にFIFAと契約した。

ブラジル大会は12会場で開かれ、計24のガラス屋根を納入する。ガラスには同社のロゴマークを入れることができる。ベンチの様子は、選手交代の際などにテレビ中継される機会が多く「極めて大きな宣伝効果が見込める」(同社広報)。

旭硝子は納入する製品開発を急いでおり、13年上期に完成させる予定。「グループの技術力を結集して、プレー中に絶対に割れない、最高水準のガラスをつくりたい」(同)と意気込む。世界中のサッカー競技場への売り込みも視野に入れる。

http://www.asahi.com/business/update/1208/TKY201212080661.html