ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルの電子書籍事情、Kindle販売開始へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




先日から話題の出ているKindleの発売開始。発表はされたものの、まだ実際には販売は始まっていないんですよね。Koboも含めて、ブラジルの電子書籍市場がこれから盛り上がっていきそうですね。ちなみに潜在ポテンシャルは120億円だそうです。思っていたよりちょっと小さい印象はなくもないですが…まぁそんなもんですかね、言われてみると。

————————————————————————————————
■ブラジルの電子書籍事情、Kindle販売開始へ

●Amazonのブラジルの電子書籍市場参入

12月6日、Amazonはプレスリリース内にて、ブラジルKindle Storeを開設し、電子書籍販売の開始を発表した。現在ポルトガル語の電子書籍を13000以上提供可能だとのことである。

来週以降発売開始予定の電子書籍端末Kindleの販売価格は299レアル(140ドル)を予定している。

また、出版サービス(出版費用無料)のKindle Direct Publishingも利用できるとのことである。

●ブラジルの電子書籍事情

ブラジルの電子書籍市場はまだとても小さく、ブラジル国内での利用者は、本全体の購入者の中でも1%に満たないとされている。

また、ブラジルのe-book購入者はPCで閲覧することが多く、出版社から直接購入するケースが多い。ただし、その潜在的なポテンシャルは120億円にものぼると見られている。

アメリカのAmazonで現在販売されているKindleは69ドルであるにも関わらず、Kindleのブラジル販売価格は、ブラジルの高い関税がかかっており140ドルでの設定となっている。こうしたブラジルの現状においても、Amazonのリーディングカンパニーとしての手腕が試されるだろう。

●koboは既に販売されている

また、koboは今年の9月にブラジルの大手書籍販売チェーンLivraria Culturaとの提携を発表していて、現在ブラジルの同サイトを見るとkobo Touchは399レアルで販売されている。今後、koboもこの競争に関わってくるだろう。

http://www.netventure-news.com/news_a4XyCh2fmI.html