ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

神鋼、ブラジルに工場 プラント用圧縮機 15年めど


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




神戸製鋼所がブラジルに工場を新設!いいですねー。期待したいところです^^

————————————————————————————————
■神鋼、ブラジルに工場 プラント用圧縮機 15年めど

 神戸製鋼所(神戸市中央区)は10日、石油プラントなどで使われる注文生産の「非汎用(はんよう)圧縮機」の工場を、2015年にもブラジルに新設する方針を明らかにした。神鋼本体として同国に生産拠点を設けるのは初めて。非汎用圧縮機の世界的な供給体制が整う。石油や自動車の生産設備向けのニーズが見込まれ、数億~十数億円を投じる。

 非汎用圧縮機は、石油精製・石油化学プラント、ガスタービン向けに需要が増え、液化天然ガス(LNG)基地や洋上石油・ガス生産基地向けにも伸びが期待される。南米では油ガス田開発が進んでおり、進出を決めた。

 神鋼は高砂製作所(高砂市)と中国、米国の計3工場で生産。圧縮機本体は主力工場である高砂で手掛け、中国と米国では周辺の配管などを担っている。ブラジルでも同様の生産体制を取り、当面の売上高は20億~30億円程度を目指す。

 圧縮機事業部は「新工場が完成すれば、ひとまず非汎用圧縮機の世界供給体制が整う」とした上で「15年度はブラジルの新工場を除き、汎用を含む圧縮機全体の売上高を12年度予想の約4割増の1100億円に引き上げたい」としている。(佐伯竜一)

http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201212/0005590097.shtml