ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラックフライデー商戦 伯国内の売り上げ急上昇


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブラックフライデーのECサイトでの購入額は、通常営業日の368%増。すごいですねー。TOPはB2Wのamericanas.com。こういったイベント事もあると、新たな消費者層の開拓にも繋がりそうで、良い事ですよね。ま、その一方で、トラブルも数多く発生しているような雰囲気ではありますが…

————————————————————————————————
■ブラックフライデー商戦 伯国内の売り上げ急上昇

伯国では11月23日、米国同様にブラックフライデー商戦が催されたが、伯国民の出費額は同月の通常営業日におけるネットショッピングで1日当たりの出費額より368%も高かったことが分かった。また消費者数も平均より185%増加したという。12月7日付フォーリャ紙(ウェブ版)が報じた。

コンサルタント会社コンスコア社の調査によると、B2W社が運営する伯国最大級のネット通販店舗アメリカーナス・ドットコム(Americanas.com)が伯国版ブラックフライデーの売り上げでトップに輝いた。

これに続いて、ポント・フリオ、カーザス・バイア、ウォルマート、スブマリーノ、マガジン・ルイーザ、ネッチシューズの売り上げ順となっている。
コンスコア社のアレックス・バンクス専務は、「ブラックフライデーに起因する強烈なプロモーションは、消費者の購買意欲を喚起することに成功した。伯国のオンライン取引が前進している証拠だ」と語った。

電子商取引の監視企業であるイービット社によると、ブラックフライデー当日の売り上げは2億4380万レアルを記録し、前年同時期の1億レアルの143・8%増だった。これは今年の売上予測の2億レアルをも上回っており、米国のブラックフライデーの総売上額の12%に相当するという。なお、米国の今年の売り上げは10億レアルに達している。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/11563/cat/1