ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル中銀がドルショートへの規制を緩和、レアル押し上げ狙う


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




レアルの押上を狙った措置だそうです。今回の措置でドル売り余地が広がったとのことですが、この影響は今後どのように効いてくるのでしょうか。まだちょっと僕にはよく分かっていませんが…^^;

————————————————————————————————
■ブラジル中銀がドルショートへの規制を緩和、レアル押し上げ狙う

[サンパウロ 18日 ロイター] ブラジル中央銀行は、ドルのショートに対する準備金を義務付けるポジションの規模を、これまでの10億ドルから30億ドルに引き上げた。自国通貨レアル押し上げを狙った措置とみられている。

中銀は7月に10億ドルに引き下げる規制措置をとっていた。引き上げは12月20日から有効となる。

またポジション算出する期間を、これまでの1日から5日間の平均に変更した。

サンパウロの通貨トレーダーは「市場はドル売りやドル売り規模の拡大ができなかったが、今回の措置でドル売り余地が広がった」と述べた。

中銀はこのほか、一定の資本規模を超えた外為のショートポジションに対して金融機関に準備金を求めていた規制を撤廃した。

http://www.asahi.com/international/reuters/RTR201212180140.html