ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

包装紙ごとかぶり付くハンバーガー、ブラジル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




これはまた面白いことを考えましたね。ハンバーガーを包装紙ごと食べられると。オブラートみたいなものですかね。ブラジルで最も古いファストフードチェーンBob’s、やりますねー。でも1日限定ではなく、定番メニューにしたらいいのに、とも思ってしまったり^^ 僕も一度食べてみたいな…

————————————————————————————————
■包装紙ごとかぶり付くハンバーガー、ブラジル

【12月19日 Relaxnews】ブラジルのハンバーガーチェーン「Bob’s」では一風変わったキャンペーンが展開された──ハンバーガーを食べることの出来る包装紙に包んで提供したのだ。

キャンペーンを展開するにあたり、「美味しすぎてどうしようもできない」といったキャッチコピーをうたった同チェーン。ハンバーガーを取り出す際の、あの「煩わしい」手間を省きたかったという。

この特別な包装紙に包まれたハンバーガーは、1日限定で提供された。当日、各店舗内では、人々が紙で包まれた「物体」にかぶり付く、一種異様な光景が見られた。

もちろん良い面もあった──捨てられるごみが少なくて済んだことだ。

Bob’sは、同国で最も古いファストフードチェーン。米国系ブラジル人のテニスプレーヤーのロバート・ファルケンバーグ(Robert Falkenburg)が1952年に立ち上げ、現在ではチリやポルトガルなどにも展開している。

同国では、Bob’s以外にも「Giraffa’s」といったファストフードチェーンが人気だ。ハンバーガーをはじめ、サラダやパスタ、さらにはステーキまでも提供し、最近ではフロリダ(Florida)州に米国初の店舗をオープンさせたばかりだ。(c)Relaxnews/AFPBB News

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2917455/10014745