ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

世界一コリンチャンスのビッグすぎる野望


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




大前提として、夢を持つ事は自由ですし、大きな夢を持つ事はとても良い事だと思っています。が、しかし、ですよ…パルメイラスファンの僕としては、コリンチャンスが「オールスター軍団」と化するのは避けたいところです(笑)。確かにクラブ収入も大きいですし、ファンの数も質もスゴいですし、世界一にもなりましたし、その可能性はなくもないのでしょうが、個人的には阻止したいです。笑

————————————————————————————————
■世界一コリンチャンスのビッグすぎる野望

クラブ世界一を決めるトヨタ・クラブW杯の決勝(16日、神奈川・横浜国際)は、南米代表コリンチャンス(ブラジル)が欧州代表チェルシー(イングランド)を1―0で下し、12年ぶり2度目の世界一に輝いた。世界最強クラブの称号を手に入れたコリンチャンスのマリオ・ゴッビ会長は、次の野望として欧州ビッグクラブのような「オールスター軍団」構想を披露。今後は南米のスター選手を欧州から逆輸入するという。

戦前の下馬評を覆しての勝利。大会MVPのGKカッシオ(25)は「我々にとっても南米にとっても価値を示せた」と胸を張った。サッカー大国ブラジルの復活をアピールする世界制覇となったが、コリンチャンスにはさらなる野望がある。

ゴッビ会長は「強いチームを維持したい。選手層だけでなく、チームの効率や財政面も高めていきたい」と明かした。今後は世界中で活躍する南米出身の大物を獲得し、欧州ビッグクラブに匹敵する「オールスター軍団」を編成する考えという。

コリンチャンスの2011年度の総収入は約120億円。今季は150億円にまで達する見込みで、もちろん国内トップだ。14年ブラジルW杯と16年リオデジャネイロ五輪を控え、国内が好景気に沸く中、財務基盤を強化。資金力を高めることで、欧州から大物選手を逆輸入する構想だ。

現在のターゲットはブラジル代表MFカカ(30=レアル・マドリード)や同FWロビーニョ(28=ACミラン)。さらには昨季から同FWアレシャンドレ・パト(23=ACミラン)とアルゼンチン代表FWカルロス・テベス(28=マンチェスター・シティー)の獲得に動いている。ほかにもブラジル代表DFマイコン(31=マンC)や同DFルシオ(34=ユベントス)をリストアップ済みという。

コリンチャンスはかつて“怪物”元ブラジル代表FWロナウド氏(36)を獲得し大きな話題を集めたが、今度は複数の現役代表を引き抜きタレント集団を作り上げるといわけだ。

一方で、現在の主力MFパウリーニョ(24)はブラジル代表のレギュラーとあって、欧州ビッグクラブから巨額の獲得オファーが届く。だが、地元メディアによれば「カネに困っていないから、無理に放出する必要性はない」と移籍を拒否する意向という。

ブラジルに2500万人のサポーターを抱えるコリンチャンス。世界制覇を実現したことで、欧州ビッグクラブに負けないスーパー軍団を目指す。

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/63553/