ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

2番目のサッカー競技場が改装式典―ブラジル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ベロオリゾンチのMineirão完成しましたねー。総工費280億円。6.2万人収容の立派なスタジアムになったようです。コンフェデでも使われるかと思いますが、まずはアトレチコミネイロでの試合ですかね、きっと。僕も一度見に行ってみたいなー

————————————————————————————————
■2番目のサッカー競技場が改装式典―ブラジル

【サンパウロ綾村悟】2014年、サッカーW杯が開催されるブラジル南東部のベロ・オリゾンテで21日、改装中だった「新ミネイロン競技場」の改装が終了、ルセフ大統領が参席して改装記念式典が行われた。

同競技場は、来年6月に開催されるコンフェデレーションズカップ(6都市で開催)の開催地にもなっており、今月16日に落成式が終わったフォルタレザの「カステロン競技場」と合わせて2カ都市の競技場の準備が整った。

3年の年月と約700億レアル(約280億円)をかけて新規改装したミネイロン競技場は、1965年に完成、収容能力は6万2000人。同競技場は、リオのマラカナン競技場と並んでブラジル屈指のサッカー競技場として知られ、アトレチコ・ミネイロ(ブラジル1部)のホーム競技場でもある。

改装式に参加した、ブラジル代表チームのテクニカル・ディレクター、パレイラ氏(元ブラジル代表監督)は、「英国のウェンブリー競技場にもひけを取らない世界屈指の競技場となった」とミネイロン新競技場の落成を祝った。

新ミネイロン競技場でも開催されるコンフェデ杯は、ベロ・オリゾンテ、フォルタレザ、リオデジャネイロ、サルバドール、レシフェの6カ都市で、来年の6月15日から開催、日本代表は初日に開催国のブラジルと首都ブラジリア(ナシオナル競技場)で対戦する。

http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/121222-231617.html