ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルW杯で、レアル建て投信は回復するか 皆さん、その投信ヤバいですよ?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブラジルレアル建ての投資信託をされている方、「とりあえず、ブラジル投信、放置はダメ」だそうですよ。^^; 為替リスクに関しては、今後はレアル安・円高になっていくので、あまりよろしくなさそうとのこと。まだレアル安進むんですかね。最近ちょっと戻しているような気もしますが…まぁこの手の動きは正直、誰にも真実は分からないものでもあるようなないような…^^;

————————————————————————————————
■ブラジルW杯で、レアル建て投信は回復するか 皆さん、その投信ヤバいですよ?

投資信託の見直し方法を、その道のプロ2人の対談形式で紹介するこの企画。今回は「ブラジル投信」に関する注意点を紹介しよう。

■ブラジル投信は2009年頃によく売れた

中桐 読者の皆さん、こんにちは。FP法人ガイア社長の中桐啓貴と申します。投資信託の運用で悩んでいる方に、見直し方法を提案しています。この連載では、具体的な投信を例に挙げて処方箋をお伝えしていきます。

吉井 はじめまして、ファンドアナリストの吉井崇裕と申します。今回は2009年頃にバンバン売れたブラジル投信の注意点についてみていきたいです。

中桐 そもそもどうして多くの日本人が地球の反対側にあるブラジルへ、そんなに投資をしたがったの?

吉井 理由は簡単です。「2014年にサッカーW杯、2016年にオリンピックが開催されるので、ブラジルは経済成長する」という金融機関のセールストークに影響されたからです。

中桐 確かに、「ブラジルのGDP(国内総生産)成長率が高いです」と説明されるより、W杯とオリンピックが開催されると言われる方が、投資家には分かりやすいかもね。

吉井 そうなんですよ。私が何回も「W杯とオリンピックのことは既にマーケットに織り込まれています。それよりも、インフレや鉄鉱石の輸出鈍化の方が重要なポイントですよ」と言っても、聞く耳を持ってもらえないんですよね。

中桐 先日私の友人がリオデジャネイロに出張で行ってホリデイ・インホテルに泊まったら、1泊2万8000円したって驚いていたよ。

吉井 日本の倍以上ですね。

中桐 2012年のビックマック指数[注1]を見ると、ブラジルレアルはまだ35%割高という数字も出ているので、これからさらにレアル安・円高になる可能性がある。つまり、運用成績はさらに悪化する可能性もあるということだね。

吉井 そこで、最近は金融機関がブラジル関連投信から、豪ドル建ての投信に乗り換えを薦めていることが多いようです。

中桐 それがいい解決法とは思わないな。吉井さんならどういうアドバイスをする?

■ブラジル投信に内在する株と為替のリスク

吉井 そもそもブラジル投信には株と為替の2つのリスクがあります。まず株リスク。ブラジル株式投信は値動きがかなり激しく、景気も良い状態とはいえないので、長期(10年以上)ホールドする人以外にはお薦めしません。ブラジル債券や通貨選択型でレアル建て投信のものは為替のリスクが高いので、為替ヘッジありのドル建て新興国債券投資を薦めています。

中桐 なるほど、新興国が発行するドル建て債券に為替ヘッジをすると、今なら日米の金利差がないので、コストゼロで為替リスクがなくなり、高金利が得られるということだね。

吉井 「野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型」などがお薦めです。

中桐 レアル高のときにブラジル投信を買ってしまって塩漬けにしている人は、為替ヘッジ付きの新興国債券投信などで安定的な運用に切り替えた方がよさそうだね。ただリスクは本当にないのかな?

吉井 リスクとしては2つ考慮すべきことがあります。まず米国の短期金利が上がると、ヘッジコストがかかること。ただ、FRB(連邦準備制度 )は金利を2015年度まで上げないと言っているので、あと3年は大丈夫だと思います。それと2つめのリスクは、万が一リーマン・ショッククラスの経済危機が起こると、一時的に新興国債券は売られます。

中桐 とりあえず、ブラジル投信、放置はダメというわけだね。

【この2人に聞きました】
独立系FP法人ガイア 代表取締役 
中桐啓貴さん
独立系FP法人ガイア ファンドアナリスト 
吉井崇裕さん

 独立系FP法人ガイアは、退職世代、シニア層を中心に、悩める投資家の駆け込み寺として、これまで3,000件の相談実績を持つ。毎月開催している「値下がり投資信託を賢く見直すセミナー」も好評。http://www.gaiainc.jp/

[注1] ビックマック指数=Bigmac Index。各国の経済力を測るため、イギリスの経済誌「エコノミスト」が試算する指数。各国のマクドナルドで販売されているビックマックの価格を比較して算出される。

http://www.nikkei.com/money/fund/clip.aspx?g=DGXNASFK1500B_15122012000000