ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

中国が米国産大豆の大口輸入契約を破棄、豊作のブラジル産に切り替える姿勢―中国メディア


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




輸入先をアメリカからブラジルに切り替え、いいですねー、中国。その量、大豆54万トン。先週30万トンキャンセルしていたとのことで、合計84万トン。かなりのボリュームですね。まぁ先物価格やら何やらとあちこち影響は出てしまうのかとは思いますが、とはいえ、ブラジルの農家にとっては嬉しい話ですね^^

————————————————————————————————
■中国が米国産大豆の大口輸入契約を破棄、豊作のブラジル産に切り替える姿勢―中国メディア

2012年12月20日、米農務省は中国が米国産大豆54万トンの輸入契約をキャンセルしたと発表した。21日、中国経済網が伝えた。

54万トンもの大規模な契約のキャンセルは14年ぶり。しかも18日にも30万トンの契約をキャンセルしたばかりだという。中国は米国にとって主要な大豆輸出国。米国の大豆輸出量の62%は中国が占めている。

この大口キャンセルを受け、シカゴ商品取引所の大豆先物価格は下落している。中国がキャンセルした理由について関係者はブラジル産大豆が豊作となる見込みが高まったためと分析している。ブラジルは世界第二の輸出国で、中国はより低価格で輸入することを望んでいる。アナリストは今後も中国の発注キャンセルが相次ぐとみている。(翻訳・編集/KT)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=67745