ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル政府、13年1月から最低賃金を9%引き上げへ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最低賃金、9%の上昇です。インフレ率を考慮した実質ベースで2.73%の上昇。労働者としては嬉しい話ですね。企業側はしんどいですが…ちなみに、当初想定されていたのは8.5%であったとのことで、それよりも高い水準での最低賃金の引き上げ。どんどん上がっていきますね…

————————————————————————————————
■ブラジル政府、13年1月から最低賃金を9%引き上げへ

ブラジル大統領府のホフマン官房長官は24日、13年1月から雇用者が従業員に支払う最低賃金(月給)を現在の622レアル(約2万5600円)から678レアル(約2万7900円)に9%引き上げることを明らかにした。地元紙フォリャ・ジ・サンパウロ(電子版)などが伝えた。

最低賃金は11年度の経済成長率2.7%増と全国消費者物価指数(INPC、6.1%上昇)に基づいて決められるもので、物価など調整後の実質ベースでは2.73%上昇となる。

政府が4月に議会に提出した13年度予算の策定に必要な経済予測や財政目標を盛り込んだブラジル予算ガイドライン法(LDO)によると、最低賃金は今年度の622レアルから674.96レアル(2万7700円)へ8.5%上昇すると予想されていた。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F1227%2Fstockname_1227_004%2F0%2F1/