ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

13年にブラジル経済は緩やかに回復、消費持ち直し=みずほ証券R&C・折原氏


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




来年の景気は「緩やかに回復」だそうです。V字回復的な劇的な回復ではなさそうなのは残年ですが、それでも「回復」するのなら万々歳ですかね。要因は外需の落ち込みとのことで、相変わらず内需については底堅く推移するような雰囲気ですが、外需ですか…う〜ん、ここは確かになかなか難しいところですね。

————————————————————————————————
■13年にブラジル経済は緩やかに回復、消費持ち直し=みずほ証券R&C・折原氏

南米の経済大国ブラジルが低成長にあえいでいる。12年は相次ぐ利下げや積極的な景気対策にもかかわらず、本格的な回復基調には戻らなかった。通貨レアルは日本で通貨選択型ファンド人気を背景に個人投資家の関心が引き続き高いが、今年はブラジル中央銀行の連続利下げや為替介入を受けて低迷した。13年にブラジル経済は復活するのか、レアルは上昇基調に転じるのか。みずほ証券リサーチ&コンサルティングの折原豊水エコノミストに聞いた。

――12年7-9月期実質GDP(国内総生産)成長率は前年同期比0.9%増と市場予想の1.9%増を大きく下回った。この結果をどうみるか。
「景気は緩やかな回復が続いているものの、当局やマーケットの想定よりかなり弱い。要因としては、外需の落ち込みが挙げられる。主要輸出先の中国は経済成長率が低下し、欧州は景気低迷が長期化している。鉄鉱石など商品市況も軟調で輸出や設備投資がさえず、特に設備投資は悪化が目立つ。消費は減税やローン金利の低下が一定の下支えをしたが、思ったよりも回復のピッチは緩やか。背景には銀行の貸倒が高止まりしていることがある。リーマン・ショック以降の金融緩和・財政出動を受けて貸し出しや個人消費がかなり過熱し、その反動で貸倒が増えた。もっとも、12年10-12月期は一部に明るさが出てきた。自動車販売の持ち直しが生産を下支えしており、雇用も若干改善している」

――13年に景気は回復基調を強めるか。
「結論から言えば成長率は12年に1%程度にとどまるが、13年は3%台というイメージだ。ブラジルの潜在成長率はだいたい4%で13年はそれを下回るものの、緩やかな回復に転じていくとみている。外需は、中国の成長率がわずかに改善するだけで、欧州の景気は引き続き低迷すると見込まれるため期待できない。一方、生産と雇用が徐々に改善するなかで銀行の貸倒が緩やかに低下し、金利水準が低位で推移することにより消費が増加していく。ブラジルでは中間層が拡大し、人口ボーナスも2020年代まで期待できる。政策面では、12年7-9月期の弱いGDPを受けて企業の資金繰りなどを支援する景気対策が打ち出されたため、設備投資はサポートされるだろう。また、ルセフ大統領は製造業の競争力強化を目指し対応策も打ち出している。12月にFRB(米連邦準備制度理事会)が金融緩和策を強化し、先進国の低金利環境が続くなか、投資家のリスク選好が強まればブラジルへの資金流入も期待できる」

――中銀は12年10月まで10会合連続の利下げを実施し、11月に金利を据え置いたことで利下げ打ち止め期待が高まった。しかし、その後市場の予想を大幅に下回る7-9月期の弱いGDPを受けて一部では追加利下げ期待も出ているようだ。
「確かに政府が追加の景気刺激策を出すほど7-9月期GDPが悪かったので、本当に利下げが打ち止めなのかとの見方が出るのは理解できる。しかし、トンビニ中銀総裁は10-12月期に景気は持ち直すと予想し、金融政策は現状の緩和的な状況を維持すると述べた。また、現状でマンテガ財務相など政府からは中銀に追加利下げの圧力をかけていない。インフレが上昇していることもあり、景気が想定通り緩やかに改善すれば中銀が一段の利下げに踏み切るとは考えにくい。13年1月の次回会合では政策金利据え置きではないか。一方、年前半に消費の立ち上がりが遅いことなどを考慮すると利上げは14年に後ズレした印象だ」

――レアルの見通しについてはどう考えるか。最近では中銀がレアルを下支えする動きも見せている。
「ブラジルの海外からの借り入れを見ると資金流出超(返済が借り入れを上回る状況)が続いており、思い切ったレアル安誘導を行うとドルの資金調達に影響が出かねない。事実、12月に発表された追加の景気対策には、海外からの借り入れを支える政策が含まれている。もっとも、当局はレアル高に行き過ぎることも望んでおらず、現状の水準で落ち着いて欲しいと考えているはず。実効レートなどで見るとレアルはまだ高いので、レアルの上昇を容認する段階ではない。中銀が12年に1ドル=2.0レアルよりレアル高が進まないよう意識してレアル売り介入する場面があったことを考えると、景気が持ち直す場面でブラジルへの資金流入が再び強まればレアル高抑制スタンスが復活する可能性がある。当然上値も限られるだろう」

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F1228%2Fstockname_1228_011%2F0%2F1/