ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ロナウド氏らが同行 W杯に向けCPTM視察


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ロナウドが電車に乗ったんですか!笑 FIFAの視察に同行とのことで、FIFAの重役さんと共にロナウドやベベトがCPTMに乗ったようですが、なんだか違和感ありますね^^; ひとまず、イタケーラのスタジアムについては交通事情に懸念はナシとのこと。良かったですね^^

————————————————————————————————
■ロナウド氏らが同行 W杯に向けCPTM視察

 2014年サッカー・ワールドカップ(W杯)開催に向け28日、サンパウロ郊外電車(CPTM)のルス駅―コリンチャンス・イタケーラ駅間における鉄道の視察が行われ、国際サッカー連盟(FIFA)のジェローム・バルケ事務局長をはじめ、W杯開催準備委員会(COL)のメンバーらが同行した。同日付フォーリャ、エスタード両紙(ウェブ版)が報じた。

伯国側からは、スポーツ省のアルド・レベロ相、ブラジルサッカー連盟(CBF)のジョゼ・マリン会長、COLメンバーで元伯国代表FWのロナウド、ベベト両氏が出席した。

CPTMはW杯開催期間中に特別列車(Expresso da Copa)を運行し、イタケロン競技場へのアクセス向上を図ることになっている。視察当日は午前8時40分にルス駅を出発し、コリンチャンス・イタケーラ駅には17分後に到着した。

W杯開催に向けて交通面での大きな問題は浮上しなかったが、ロナウド氏は詰め掛けた報道陣と一般人の過剰なフラッシュに不快感を示し、「今日の視察の一番のマイナス要素は外部の人たちだ」と皮肉を込めた。

なお、マノ・メネゼス伯国代表監督の電撃解任で揺れているCBFは、辞任をほのめかしているアンドレス・サンチェス理事の去就に注目が集まっているが、同理事は視察を欠席した。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/11462/cat/1