ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルレアル、3年7カ月ぶり安値 経済先行き懸念で


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




レアル安が進んでいて、3年7ヶ月ぶりの安値だそうです。US$1.00=R$2.1307だそうです。景気先行きの懸念から、とのことですが、さてこの先はどう推移するでしょうか。当面はレアル安が続きそうな雰囲気ではありますが…

————————————————————————————————
■ブラジルレアル、3年7カ月ぶり安値 経済先行き懸念で

【サンパウロ=宮本英威】ブラジルの通貨レアル安が進んでいる。サンパウロ外国為替市場は30日、レアルが対ドルで前日比1.6%下落し、1ドル=2.1307レアルで取引を終えた。2009年5月上旬以来、約3年7カ月ぶりのレアル安・ドル高水準。30日発表の7~9月期実質国内総生産(GDP)成長率が前年同期比0.9%と事前予想を下回り、景気先行きへ懸念が膨らんだ。

 当面はレアル安に振れやすい展開が続くとの見方が多い。レアル安は輸入物価の上昇を通じてインフレ懸念を高めるため、当局が介入姿勢を強める可能性もある。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM01010_R01C12A2000000/