ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

2011年の国民租税負担率はGDP比35.31%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




昨年2011年にブラジル国民が支払った税金は、GDP比で35%!!一昨年からさらに増加しています。ご存知の通りブラジルは税金が高い国ですが、ほんと勘弁して欲しいところですね…果たしてこの高額の税金のうちどれくらいが政治家の懐に消えていったのでしょうか…笑

————————————————————————————————
■2011年の国民租税負担率はGDP比35.31%

2011年の国民租税負担率は、2010年のGDP比33.53%から35.31%と大幅に増加、国庫庁の歳入総額は、前年の1兆2,640億レアルから1兆4,620億レアルに増加している。

昨年の連邦政府の歳入比率は全体の70%と前年の69%から1.0%増加、州政府の歳入は、前年の25.45%から24.44%と約1.0%減少、市町村の歳入は、前年の5.51から5.52%と同水準で推移している。

社会保障院(INSS)への積立金などを除いた法人税や個人所得税などの昨年の国庫庁の純歳入は、GDP比20.17%に相当する8,355億レアル、2010年のGDP比18.60%に相当する7,013億レアルから1,300億レアル以上増加している。

昨年の歳入増加の要因として所得税が前年のGDP比5.64%からGDP比6.16%と大幅に増加、またINSS保障院への積立金も前年のGDP比5.62%からGDP比5.94%と増加している。(2012年11月30日付けヴァロール紙)

http://jp.camaradojapao.org.br/news/noticias/noticias-politica/?materia=10989