ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

強盗犯6人を逮捕 軍警官と銀行員殺害にも関与


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近、治安の不安が叫ばれているサンパウロですが、強盗犯6人を逮捕とのことで、ちょっとポジティブなニュースですね。とはいえ、6人というのは氷山の一角でもあると思うので、引き続き警察には頑張ってもらいたいところです。しかしヘルメットの中に拳銃を隠せるように仕込んであったとは、やりますねー。

————————————————————————————————
■強盗犯6人を逮捕 軍警官と銀行員殺害にも関与

市民警察は27日午前、大サンパウロ都市圏で多発している軍警察官の殺害及び強盗事件に関与したとして、犯罪組織に属する容疑者6人を逮捕した。28日付エスタード、フォーリャ両紙が報じた。

組織犯罪捜査課(Deic)の銀行強盗捜査班が指揮を執った「ポンタ・デ・ランサ作戦」の一環として実施された今回の捜査は、聖市カンポ・リンポ区のほか聖州タウバテ市とタボン・ダ・セーラ市で行われた。

もともと捜査班は、高級腕時計を専門とする強奪事件の犯人を追っていたが、取り調べの中で容疑者らが少なくとも軍警察官1人の殺害に関与したという証拠を得たことで今回の逮捕につながった。

警察の調べによると、容疑者らはバイク用ヘルメットの中に拳銃を隠すための仕切りを作っていたという。捜査を担当したセルソ・マルシオリ署長は「犯人らは強盗犯罪後に拳銃をヘルメットの中に隠していたため、警察による身体検査の際にも見過ごされていた」と説明している。なお、容疑者6人の逮捕時には改造ヘルメット2個と偽造書類が押収された。

さらに容疑者らには、聖市イタイン・ビビ区で今年7月に殺害されたイタリア人銀行員のトマッソ・ロット氏(26)に対する強盗殺人容疑も掛けられている。ロット氏は友人と車内にいた際に、バイクに乗った2人組に発砲されて死亡した。

逮捕された容疑者6人のうち2人が強盗容疑で、3人が盗品譲り受け容疑で、残る1人が偽造書類の作成容疑で起訴される見通し。
また容疑者の1人は、犯罪組織「首都第1コマンド(PCC)」幹部で現在は服役中のレアンドロ・ダ・シルバ被告(通称レオ・ゴルドン)に対し、高級腕時計の強盗犯罪の許可を求めていたことも判明しているため、PCCとのつながりについての捜査も進められている。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/11463/cat/1