ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

《日系進出》カルビー、合弁でスナック菓子生産[食品]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




タイトルだけ読むと「カルビーがブラジルに進出!?」と思われてしまうかもしれませんが、そうではなく、僕が伝えたかったのは記事の最後部にある「ブラジルへの進出も視野に入れている」というところです^^; 早くブラジルにも進出して欲しいですね。ただし、ブラジルの菓子は濃い味でないとダメかもですけど。甘い物はむちゃくちゃ甘く、しょっぱいものはむちゃくちゃしょっぱく…笑

————————————————————————————————
■《日系進出》カルビー、合弁でスナック菓子生産[食品]

カルビーは3日、来年3月にインドネシアでスナック菓子を製造・販売する合弁会社を設立すると発表した。ジャカルタ近郊に工場を設け、2014年3月に生産を開始する。5年以内に同国のスナック菓子市場でシェア10%を目指す。

合弁会社カルビー・ウィングス・フードの資本金は、2,700億インドネシアルピア(約21億6,000万円)。カルビーなどが出資する特別目的会社(SPC)と、現地の複合企業ウイングス・グループ傘下のミトラジャヤ・エカプラナが折半出資する。SPCにはカルビーが90%、伊藤忠商事が10%を出資する。

カルビー広報担当者は、インドネシアのスナック菓子市場は現在約800億円に上ると指摘。今後も年率10%の成長を続けると見込んで、同国への進出を決定したと説明した。工場では「ポテトチップス」を含むポテト系スナック菓子を生産する。

海外事業は、米国、香港、タイ、韓国、台湾、中国に展開しており、インドネシアはアジアで6カ国・地域目となる。中国では今年8月、同国地元企業と伊藤忠とともに合弁会社を設立し、来年4月に事業を開始する予定だ。グローバル戦略に基づき、海外売上比率を現在の5%から21年3月時点で30%へと引き上げる目標を掲げている。インドネシアに続き、欧州やロシア、オーストラリア、インド、ブラジルへの進出も視野に入れている。

http://news.nna.jp/free/news/20121204idr004A.html