ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル中銀が大規模な市場介入、レアル安阻止へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




大規模な市場介入、とのことで、これはまたあちこちが動揺しそうですね…レアル安を阻止するとのことで、一時は1ドルR$2.1382まで落ちたものが、R$2.1190まで戻ったようです。今後もまだ続くんですかね、この手の動きは。まぁ続くでしょうね…なんだか落ち着かない感じでイヤですけど、しょうがないですかね。

————————————————————————————————
■ブラジル中銀が大規模な市場介入、レアル安阻止へ

[リオデジャネイロ 3日 ロイター] ブラジル中央銀行は3日、通貨レアルの急落に歯止めをかけるとともに、ドルが不足しがちな年末のドルの流動性を支えるため、大規模な市場介入を実施した。

中銀は朝方2度にわたって通貨スワップ入札を実施。午後にもスポット市場で2度のドル入札を実施した。

3日は取引開始直後にレアルが1米ドル=2.1382レアルまで下落したものの、中銀の介入を受け、0.5%高の2.1190レアルで取引を終えた。

レアルは11月に4.7%下落。その下げ幅の半分は11月最終週の動きだった。

11月30日に発表された第3・四半期のブラジル国内総生産(GDP)伸び率が前期比0.6%と、エコノミスト予想の半分にとどまったことから、レアルの先安観が一段と強まっていた。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE8B206V20121203