ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ビール業界再編の立役者レマン氏、ブラジル1の富豪に


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




先日、ビールメーカーAmbevの時価総額がペトロブラスを抜いてブラジル1位になったというニュースもありましたが、こちらは個人の話で、Ambevの株主(インベブの株主)が、エイケバチスタを抜いてブラジル1の富豪になったようです。資産評価額は1兆5500億円。すさまじいですね…そして、ブラジルはやはりビールの国なんだなーと改めて思ったりしました^^;

————————————————————————————————
■ビール業界再編の立役者レマン氏、ブラジル1の富豪に

ブラジル首位の富豪の座を手にしたバンカー、ジョルジェ・パウロ・レマン氏は、米国の消費文化を象徴する2企業の買収を統括して富を築いた。それは、「バドワイザー」ブランドを保有する米アンハイザー・ブッシュとファストフードチェーンのバーガーキングだ。

レマン氏はスイス出身の両親を持つブラジル人で73歳。ビール醸造最大手、アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブの株価が11月30日、67ユーロに上昇したことを受け、ブラジルの富豪番付で資源業界の富豪エイキ・バチスタ氏(56)を抜いて首位に躍り出た。バーガーキング・ワールドワイドの株価は再上場された6月以降、11%上昇している。ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、レマン氏の資産評価額は189億ドル(約1兆5500億円)で世界36位。

ヘンダーソン・グローバル・インベスターズで世界新興市場担当ディレクターとして25億ドル相当の資産運用を手掛けるクリス・パーマー氏(ロンドン在勤)は「レマン氏がコントロールする企業の業績は非常に堅調だ」と指摘。「彼はブラジルで運営する企業の成功を足場に世界の企業と提携している」と述べた。

レマン氏と資産家のマルセル・ヘルマン・テレス、カルロス・アルベルト・スクピラの両氏は2008年、インベブとアンハイザー・ブッシュの520億ドル規模の合併を指揮した。インベブはメキシコのビールメーカー、グルポ・モデロを201億ドルで買収。安定したビール需要を背景に3氏の資産は今年50%以上増加した。レマン氏の資産のうち最大の割合を占めるのはインベブの株式10%で、11月30日時点の終値で換算すると146億ドルに相当する。

レマン氏は08年1月、HSMマネジメント誌のインタビューで「お金は事業がうまくいっているかどうかを測る手段にすぎず、お金それ自体には魅力を感じない」と語っている。同氏は今回の記事へのコメントは控えた。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MEHK8A6K50XT01.html