ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ヴァーレが13年設備投資縮小へ、経済減速や鉄鉱石価格低迷で


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




なかなか業績が芳しくないヴァーレですが、来年の設備投資額は24%縮小だそうです。今年は214億ドルだったところが、来年は163億ドル。とはいえ、十分大きな金額ではありますが。ま、一旦沈むのはしょうがないとして、早く戻ってくるといいですね。

————————————————————————————————
■ヴァーレが13年設備投資縮小へ、経済減速や鉄鉱石価格低迷で

[リオディジャネイロ 3日 ロイター] ブラジルの資源大手ヴァーレ(VALE5.SA: 株価,企業情報, レポート)が2013年の設備投資を12年計画比で24%縮小することが明らかになった。世界経済の減速や鉄鉱石価格の下落を受け、拡張計画を見直す。

規制当局への届出によると、ヴァーレは13年に163億ドルの設備投資を計画。12年の計画は214億ドルだった。

同社は「世界の資源・金属需要の拡大が中期的に鈍化すると予想される中、厳格な規律の下で資本配分を実施し、効率を最大限に高めることやコストを削減することをより重視する必要がある」と説明している。

来年の設備投資額は2010年以来の低水準。ザンビアの銅プロジェクトやギニアの鉄鉱石鉱山などが対象から外れた。

ヴァーレは今年既に設備投資の縮小に着手しており、12年の実績は計画の214億ドルを18%下回る175億ドル以下になるとみられている。

鉄鉱石を投資の中核に据える方針は13年も維持し、設備投資全体に占める鉄鉱石の比率は47%と、前年の計画とほぼ同じ水準だ。

ヴァーレは13年の鉄鉱石販売について、12年(予想)の3億1200万トンから1.9%減の3億0600万トンになるとの見方を示した。

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE8B206B20121203