ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

WBC山本監督がブラジルに強い警戒感…予想以上の投手力


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ふっふっふっ・・・ブラジルは「侮れない」とのコメントが出ていたそうですが、もちろん侮ってもらっちゃ困りますよね。WBC初戦の日本代表vsブラジル代表戦、これは注目ですね。日系人が多くを占めているブラジル代表チームと、日本人が全てを占めている日本代表チームがズラッと並んだら、どんな光景なのか、興味深いです^^

————————————————————————————————
■WBC山本監督がブラジルに強い警戒感…予想以上の投手力

 WBC日本代表の山本浩二監督(66)が6日、1次ラウンドの初戦で激突するブラジルの映像分析を開始したことを明かした。日本戦の先発はエースのフェルナンデス(ヤクルト)と予測。打線はブラジル初のメジャーリーガーであるヤン・ゴメス捕手(25)(インディアンス)の徹底マークも示唆した。

 観戦した映像は、ブラジル対パナマの予選ラウンド2試合。3‐2、1‐0のロースコアでいずれもブラジルが勝利をおさめ、予選突破を決めた。初めて対戦国の映像を確認した指揮官は「警戒心は強くなる。侮れないな」と口にした。

 投手力のレベルは予想以上だったようだ。ほとんどの投手が150キロ前後の直球を投げ込み、外国人特有の「動くボール」が軸。パナマの主砲で、メジャー通算358本塁打を誇るカルロス・リーも完璧に抑え込まれていたという。

 名前を挙げたのはエースのフェルナンデスと、マリナーズの下部組織に所属する抑えのチアゴ・ヴィエイラ。フェルナンデスは日本戦を回避する可能性もあるが「ブラジルにとっても初戦が大事。エースで来るはず」と予測した。

 野手は5番のユウイチ(ヤクルト)ら、メンバーの大半を日系人が占めている。バントやエンドランを絡めて1点をもぎ取りに来るスタイルだが「3番バッターがポイントになるだろう。ミート力があった」と指揮官。昨季、米大リーグのインディアンスで4本塁打を放ったゴメスに対し、警戒レベルを高めた。

 この日はTBS系「サンデーモーニング」に生出演。司会者から「優勝できますか?」と突っ込まれ「あまり簡単に言わないでください」と苦笑いも浮かべた。1次ラウンドでは中国、キューバとも対戦するが、初戦から息の抜けない展開となりそうだ。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/headlines/20130107-00000009-dal-base.html