ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

W杯控えるブラジル、売春婦も語学学習で準備に余念なし


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




あちゃー、この記事日本語になってしまいましたね(笑)。まぁ「売春は合法」という国なので、正々堂々とこの手のニュースも世界に向けて配信していくという事なんでしょうかね^^; 僕の記憶が正しければ、早速コンフェデで日本代表はベロオリゾンチのミネラォンでも試合があったはず。となると、多くの日本人サポーターがベロオリゾンチに行くはず。う〜ん、そしたら売春婦のみなさんは、英語・スペ語のみならず、日本語も勉強された方が良さそうな気もしますけどね。。。^^;
「彼女たちは公正な価格で交渉し、身を守るためにも語学学習はとても重要だ」そうで、まぁ日本人相手なら風俗嬢も「身を守る」とかそういう話にはならないのかもしれないですね。そのあたりはよく分かりませんが…^^;

————————————————————————————————
■W杯控えるブラジル、売春婦も語学学習で準備に余念なし

[サンパウロ 8日 ロイター] サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の開催都市ベロオリゾンテでは、外国から大挙して押し寄せるサポーターらへの応対に備え、売春婦たちも無料の語学クラスに参加している。

ミナスジェライス州の売春婦協会が、英語、スペイン語を教えるボランティアを募集。シダ・ビエイラ会長によると、売春婦の中には移民もいるため、ポルトガル語のクラスもある。

参加希望者は300人を超える見込みで、ベロオリゾンテから約500キロ離れたサンパウロからも問い合わせが来ているという。ビエイラ会長は「彼女たちは公正な価格で交渉し、身を守るためにも語学学習はとても重要だ」と話した。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE90800H20130109