ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ニューヨークでの支出 伯人が最多=2012年


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ニューヨークやマイアミに買い物旅行に行くブラジル人が多い事はよく語られる話ですが、具体的な数値で示されましたね。ニューヨークを訪れたブラジル人は82.6万人で対前年比15%増。平均7日間滞在で1人当たりUS$2300の支出。という事は、この市場規模は単純計算で82.6万人×US$2300=約US$19億ということですかね。やはりデカい市場ですね。

————————————————————————————————
■ニューヨークでの支出 伯人が最多=2012年

 2012年に米ニューヨーク市で最も支出した外国人はブラジル人で、その支出額は19億ドルに上った。同市のマーケティング及び観光プロモーションを行うNYC&カンパニー発表として5日付伯メディアが伝えた。

昨年ニューヨークを訪れた外国人の数は1100万人で、そのうちの82万6000人がブラジル人。11年比で15%増加し、英国、カナダに続いて3番目に多かった。

同市を訪れたブラジル人の平均滞在日数は7日間、1人当たりの支出額は約2300ドル。彼らの79%はレジャーが目的で、滞在中の活動の中ではショッピング(95%)とレストランでの食事(93%)の人気が飛び抜けて高く、歴史的モニュメント訪問(76%)、美術館やギャラリー見学(55%)、ミュージカルやショーなどの鑑賞(47%)が続いた。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/11796/menu/10/cat/95