ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル裁判所、独フォルクスワーゲンに3車種40万台のリコール判決


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




フォルクスワーゲンが40万台のリコールだそうです。内容的には「エンジンの異常音やエンジンオイルの交換回数を増やす恐れがある」とのことで、直接的に事故に繋がるようなものではなさそうですね。しかし、検察当局が「新聞に広告を出せ!」と、メディア指定で要求するのも、なんだか変な感じですね。場合に寄っては検察当局が「facebookでフォルクスワーゲンのファンに広告を出せ!」とか言うんですかね?^^;

————————————————————————————————
■ブラジル裁判所、独フォルクスワーゲンに3車種40万台のリコール判決

 ブラジル南部リオグランデ・ド・スル州の裁判所は先週末、独自動車大手フォルクスワーゲンに対し、09-10年にブラジルで生産・販売された同社製の小型車「フォックス」と「ノボ・ゴル」「ボヤージ」の3車種のエンジン(排気量1リットル)に不具合が発生し、エンジンの異常音やエンジンオイルの交換回数を増やす恐れがあるとして、合計で40万台をリコール(無償回収・修理)するよう命じる判決を言い渡した。オ・エスタド・ジ・サンパウロ紙(電子版)などが11日に伝えた。

 これは同州の検察当局がフォルクスワーゲンにリコールを求めて提訴していたもので、判決ではフォルクスワーゲンはブラジル国内の大手新聞にリコールに関する広告を掲載し、ディーラー店でリコール対象車種の検査と部品交換を行うよう命じている。フォルクスワーゲンはこの判決を不服として控訴する見通し。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2013%2F0115%2Fstockname_0115_017%2F0%2F1/