ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

連邦政府はガソリン価格の7.0%値上げを容認か


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




おぉっと、ガソリン価格7%値上げですか。インフレ率以上の値上がりになりますね。まぁ値上げの要因はインフレとは別のところにあるわけですが、これは結構大きな値上げですね…まだ未確定の話ではあるようですが、この手の固定費系の値上げは、ボディーブローのように効いてきそうでイヤですね。。。

————————————————————————————————
■連邦政府はガソリン価格の7.0%値上げを容認か

過去10年間に亘ってガソリンポストのガソリン価格は据え置かれているにも関わらず、石油の輸入増加やブラジル国内の原油の生産低下などの要因でペトロブラス石油公社の収益が圧迫されており、また2012年~2016年の5カ年計画の投資のための資金調達に迫られているために、連邦政府はガソリン価格並びにディーゼル燃料価格の値上げを許可すると予想されている。

ガソリン価格は来週から7.0%、ディーゼル燃料価格は4.0%~5.0%の値上げが予想されており、また今年6月からガソリンへのエタノールの混入率を20%から25%に引き上げて、ガソリンの輸入量を削減する。

2011年のエタノール不足の影響で、連邦政府はガソリンのエタノール混入率を25%から20%に減少、また昨年、インドのサトウキビの生産が大幅に減少したために、ブラジルのエタノール生産者は、エタノール生産から国際コモディティ価格が高騰していた砂糖の輸出に切り替えていた。

ペトロブラスのマリア・ダス・グラッサス・フォスター総裁は、ブラジルのガソリンの国内価格は長年の価格の据え置きやガソリンにかかる各種の税金などで国際価格よりも高いため、15%近くの値上げを連邦政府に要請していた経緯がある。

ペトロブラスの2012年~2016年の5カ年計画の投資総額は2,360億ドル、今年の投資は850億ドル~900億ドルが見込まれており、ペトロブラスは、資金調達のために積極的に海外資産などを売却している。

ガソリン価格が7.0%値上げされれば毎月2億5,000万レアル、ディーゼル燃料価格が4.0%~5.0%値上げされれば毎月3億5,000万レアルの収入増加につながり、またガソリンの輸入減少にもつながる。(2013年1月15日付けエスタード紙)

http://jp.camaradojapao.org.br/news/noticias/noticias-energia/?materia=11116