ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

IT部門のM&A件数が3年連続でトップ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




2012年のM&A全770件のうちIT関係が96件を占めているそうです、率にして13%。このIT関連のM&Aの前年比21.5%はとのことで、伸びてますね。表にはあまり出てこないような小さい買収案件もそれなりにあるのかもしれませんが、一方でCCEを買収したレノボの件など大型買収もありましたね。ちなみにIT次ぐ2位は小売関係で10%を占めているそうです。

————————————————————————————————
■IT部門のM&A件数が3年連続でトップ

コンサルタント会社PwC社の調査によると、昨年のIT部門のM&A件数は3年連続でトップとなっており、昨年のM&A件数770件のうち96件と全体の13%を占めて2011年の79件を21.5%上回っている。

ブラジル国内のIT部門のM&Aは、中小企業が競争力をつけるために盛んに実施されており、大半のIT部門のM&Aの平均金額は1,000万ドル以下とM&Aの平均金額1億3,700万ドルを大幅に下回っている。

昨年のIT部門のM&Aでは、9月にCCEブランドを擁する Digibras 社が中国資本のLenovo 社に1億4,700万ドルで買収され、ITサービス業のPolitec社がスペイン資本のIndra社に1億3,000万ドルで93.43%の株式を譲渡している。

昨年のM&A で10億ドルを上回ったのは16件、M&Aの内訳はIT部門が13%、小売り部門が10%、化学/石油化学部門が8%、サービス部門が8%、公共サービス部門が7%、食品部門が7%、金融部門が5%、鉱業部門が4%、その他が30%となっている。(2013年1月17日付けヴァロール紙)

http://jp.camaradojapao.org.br/news/noticias/noticias-financeiro/?materia=11124