ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

Av. Paulista 〜パウリスタ大通り〜

いわずと知れたビジネス街。数多くの高層ビルが立ち並び、上空には移動用のヘリコプターも飛び交う。多くの日系企業のもここに拠点を構える。

Aeroporto Internacional de Guarulhos 〜グァルーリョス空港〜

ブラジルの玄関ともなる国際空港。南米一のハブ空港。2つのターミナルを有するも既にキャパオーバー。第3のターミナル建設が待たれる。

Ouro Preto 〜オーロ・プレット〜

世界遺産にも指定されている「黒い金」という名の街。その名の通りかつては金鉱山として、世界の半分以上の金を算出していたそうな。

Supermercado 〜スーパーマーケット〜

大手3社に寡占していると言われている小売市場。日常生活に密着している分、ブラジルの文化の一端を垣間見ることが出来る。

Praia de Copacabana 〜コパカバーナ海岸〜

リオ・デジャネイロを代表する海岸。真っ白な砂浜に真っ青な空。週末ともなるとビーチサッカーやビーチバレーを楽しむ人達で賑わう。

Curitiba 〜クリチバ〜

ブラジル南部に位置するパラナ州の州都。効率的かつ安価な路線バスが整備された、ブラジル国内でも随一を誇るキレイに整備された都市。

Foz do Iguaçu 〜イグアスの滝〜

ブラジルとアルゼンチンの二国にまたがるり、滝幅4km、最大落差80m、毎秒6万5000トンを誇る世界最大の滝。

Metrô 〜地下鉄〜

拡張工事が進むサンパウロの地下鉄網。新線には新しい技術も導入され、無人走行やホームへの自動ドアの設置なども進む。

Rio de Janeiro 〜リオ・デ・ジャネイロ〜

世界で最も美しい海岸の一つを有し、観光名所としても知られる。2016年にはオリンピックが開催される。

Rua 25 de Março 〜3月25日通り〜

多くの店がひしめき合う卸問屋街。週末ともなると多くの人で賑わう。写真は地下鉄サンベント駅から3月25日通りに向かう途中。

Região Nordeste 〜ブラジル北東部〜

古くから音楽が有名な地域。昨今、次なる経済成長の源としての呼び声も高く、新たに拠点を構える企業も出始めている注目度の高い地域。

Futebol de Salão 〜フットサル〜

サッカー大国ブラジルにおいて、老若男女を問わず楽しんでプレー出来るスポーツ。いざゲームが始まれば真剣勝負そのもの。

Morro do Corcovado 〜コルコバードの丘〜

ブラジル独立100周年を記念して、標高710メートルの丘の上に高さ30メートルのキリスト像が立てられた。リオデジャネイロのシンボル的存在。

Metrô 〜地下鉄〜

世界一とまで言われる通勤ラッシュ時の混雑を見せるサンパウロの地下鉄。朝晩は数本待ってようやく乗れるなんていうことも。

Belém 〜ベレン〜

アマゾン川の河口に位置するパラ州の州都ベレン。河口ともなると海かと見間違う程の川幅を有する。写真はそのアマゾン川に沈む夕日。

Cristianismo 〜キリスト教〜

国民の約73%という世界で最も多くのカトリック信者を擁するキリスト教の国。プロテスタントまで含めると約9割がキリスト教信者。

Rio de Janeiro 〜リオ・デ・ジャネイロ〜

コルコバードの丘から眺めるリオ・デ・ジャネイロの夜景。昼でも夜でも、陽気と活気に溢れる活力みなぎる街。

Greve 〜ストライキ〜

過剰なまでに労働者保護が徹底されたブラジルの労働法。交通、金融、郵便等のストライキや労働裁判も日常的に頻発している。

Oceano Atlântico 〜大西洋〜

かつては遥々ヨーロッパやアフリカから、多くの人達がこの大西洋を渡って来た。その後、日本を含むアジア系移民も増え、人種のるつぼと化している。

Feijoada 〜フェイジョアーダ〜

ブラジルを代表する料理の1つ。アフリカから連れてこられた奴隷たちがブラジルで考案した料理で、水曜と土曜に食べるのが一般的。

Pão de Açúcar 〜ポン・ジ・アスーカル〜

リオ・デ・ジャネイロの観光名所の1つ。「砂糖パン」を意味する奇妙な巨大な岩には、2つのロープウェイで登る事が出来る。

LAN House 〜インターネットカフェ〜

低所得者層を中心に利用が多いネットカフェ。今後は政府の全国ブロードバンド計画により、ネット環境にも変化が訪れるものと想定される。

Rio Amazonas 〜アマゾン川〜

ブラジルとその周辺国の熱帯雨林を流れ、大西洋に注ぐ世界最大の河川。ジャングルや大湿原などその水量は世界の全河川の 2/3 に当たる。

Fila 〜行列〜

ブラジルで生活をしていると、街の至る所で遭遇する行列。切符売り場、スーパーのレジ、病院、銀行、役所などなど…

Estádio do Maracanã 〜マラカナンスタジアム〜

かつては20万人もの収容人員を誇っていた巨大なサッカー専用スタジアム。2014年ワールドカップブラジル大会の決勝の舞台。

Reciclagem 〜リサイクル〜

昨今、環境問題への意識が高まってきており、ゴミの分別やスーパーでのビニール袋の配布中止など、様々な活動が行われ始めている。

Belo Horizonte 〜ベロオリゾンチ〜

サンパウロ、リオデジャネイロに次ぐブラジル第3の都市。その「美しい地平線」という名前の通り、丘の上からは美しい地平線を見渡す事が出来る。

Trânsito 〜交通渋滞〜

世界第4位の自動車市場を有するものの、そのインフラはまだまだ追いついておらずに渋滞が悪化。朝晩および雨天時の渋滞は劣悪極まりない…

Estratificação Social 〜階層社会〜

AからEの5段階で分類されるブラジルの階層社会。富裕層は日本の富裕層以上に豪勢な生活を送る一方で、すぐその隣にはスラム街も存在するという社会。

Futebol Clube 〜プロサッカークラブ〜

ブラジルには非常に多くのプロサッカークラブが存在。そして、それを応援する熱狂的サポーターたち。サポーター間の闘争も日常茶飯事…

Brasília 〜ブラジリア〜

ブラジルの首都であり、1960年に未開の大地に建設された計画都市。街全体は飛行機の形をし、建造物は有名建築家による芸術的建造物も多い。

Acessibilidade 〜アクセシビリティ〜

高齢者、障害者、妊婦など社会生活弱者への配慮は、日本以上に進んだ国。その一環なのか、地下鉄には「デブ専用椅子」の設置義務までもが存在する。

Category Archives: 教育

国内380万人の非就学者 就学率ワーストは北伯地方

就学率は91.5%で、目標の93.4%までは、まだのようですね… 教育水準の底上げは重要な課題ですからね、頑張ってほしいものです。 ——————————————————————————————————– ■国内380万人の非就学者 就学率ワーストは北伯地方 全人教育プログラム(Movimento Todos pela Educa鈬o)の調査によると、伯国内の2010年度における4~17歳の非就学者..... < Ler Mais >


学校保健の確立目指して

そっか、ブラジルには学校保健というものがないんですね。健康診断がない、と。 でもやった方がいいですよね、色んな意味で。 というわけで、こういった取り組みはとても良い試みではないかと思います^^ ——————————————————————————————————– ■学校保健の確立目指して 豊橋市下地町のブラジル人学校「イーエーエス伯人学校」豊橋校で9日、全校児童・生徒を対象に健康診断が行われた。..... < Ler Mais >


タブレット端末の授業導入 「教育格差招く」と賛否両論

全生徒の40%がタブレット端末を購入済、とはすごいですね。日本以上では? そして価格はR$1000なので、約5万円。 決して安い買い物ではないかとは思います。特に子供の教育のためだけだとしたら… ま、まだまだ一部の学校だけなのかもしれませんが、ちょっと驚きました。。。 ——————————————————————————————————– ■タブレット端末の授業導入 「教育格差招く」と賛否両論  ..... < Ler Mais >


約90%の中学生が、英語を使う仕事「したくない」

「英語ができないために天国から地獄へいくことになる」という英会話教室CCAAのCMが引き合いに出されています^^ ちなみにこのアンケート、ブラジルの子供達に実施したらどんな結果になるんですかね? さすがにこの日本のような「90%がイヤ」とは言わないような気がしますが… ——————————————————————————————————– ■約90%の中学生が、英語を使う仕事「したくない」 ●英語..... < Ler Mais >


名古屋唯一のブラジル人学校閉鎖へ

えーっ!?ブラジル人学校閉鎖ですか。。。 現実問題を考えたらやむを得ないのかとは思いますが、とはいえ残念ですね。。。 そして残された子供達への影響が心配です… ——————————————————————————————————– ■名古屋唯一のブラジル人学校閉鎖へ 名古屋市内唯一のブラジル人学校「コレージオ・ブラジル・ジャパン」(港区新船町1)が閉鎖されることになった。景気の低迷で親が働く場を失..... < Ler Mais >