ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルの主要都市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ブラジルの主要都市

●ブラジリア

・1960年4月21日、正式にブラジリアへの遷都が行われ、ブラジルの新首都としてスタート
・リオ・デ・ジャネイロから遷都の背景は、
-国の中枢である政府が海からの敵の襲撃にさらされる危険性が少ないこと
-国内の人口密度がならされる
・1891年の最初の共和国憲法では、将来の連邦区の所在地を、ちょうどブラジルの真ん中に当たるゴイアース州の中に定めた
・新首都建設はそれから8年にわたる調査期間の末、ジュセリーノ・クビチェック大統領の下、1956年になってようやくスタート
・ブラジリアの建設用地は、ゴイアース州の連邦区内にある面積5,814km²、リオ・デ・ジャネイロから1,200km離れた、標高1,100mのブラジル高原
・新首都建設のマスタープランは、コンペによりブラジル人建築家で都市計画者のルシオ・コスタ氏の案が採用された
・主要な公官庁の設計はブラジル人建築家オスカー・ニーマイヤー氏が担当
・風景デザイナー、ロベルト・ビュール・マルクス氏は、乾燥したサバンナの黄色で覆われているこの土地を鮮やかな緑色で彩るため、植物の選定を行った

●サン・パウロ

・ブラジル高原の標高760mに位置する
・1554年イエスズ会によって、布教の拠点として開かれた
・1850年頃からコーヒーの大農園がサン・パウロ州に相次いで作られ、急速に発展・拡大していった
・コーヒーの輸出による収入と増加する人口は、農業の基礎を築く資本と労働力へとなっていった
・ 今日では2万以上の様々な業種及び規模の工業プラントがサン・パウロ市及び周辺地域に集中
・それらに従事する労働者の数は60万人にもなる
・2,000近くの金融機関があり、ブラジルの主要な金融センターとなっている

●リオ・デ・ジャネイロ

・ブラジリアへの遷都に伴い、リオ・デ・ジャネイロはブラジルの首都としての役目を終えた
・ブラジルで2番目に大きい都市はブラジル文化の中心
・世界でも有数の美しい街
・経済的にはサービス業、特に金融の中心
・食料品、建材、電気機器、化学品、薬品、飲料水、繊維などが生産されている
・世界的に有名な海岸(イパネマやコパカバーナ)を擁するリオの海岸線は、世界で最も美しいものの一つと言える

●サルヴァドール

・バイーア州の州都
・ブラジル植民地時代の最初の主要港
・2世紀にもわたり首都であった
・熱帯植物で覆われた丘と、トードス・オス・サントス湾に沿った広い海岸に挟まれている
・丘の上には官庁街と住宅街など「山の手」と「下町」の2層構造で建設され、海岸には要塞、ドック、倉庫などがある
・1500年から1815年にかけて、北東部で生産された大量の砂糖と、南部の鉱山で採鉱された金及びダイヤの輸出港として最も重要な港だった
・この時代は同市にとって「金の時代」であり、豪邸やきらびやかに金で飾られた教会などが建てられた
・文化はアフリカの影響を大きく受けている

●ベロ・オリゾンテ

・ミナス・ジェライス州の州都
・ブラジルで最初のモダンな都市
・最近は急激な都市化の強い影響を受けている
・農業と鉱業に恵まれ、この地域の流通・加工の中心であり、急成長する工業基地の中枢
・主要製品は鉄や鉄製品、自動車、繊維などで、近郊で採鉱された金、マンガン、宝石などの加工も手がけている
・文化の中心であり、3つの大学、歴史博物館、多数の図書館、スポーツ競技場などがある
・気候はさわやかで涼しいのが特色

●クリチーバ

・パラナー州の州都
・パラナー州東部高原の、標高914mに位置する
・1950年以降同市は急速に発展
・内陸部に農業と牧畜地域をかかえ、商業及び加工の中心として繁栄している

●レシフェ

・ペルナンブッコ州の州都
・市内には多くの運河が流れ、たくさんの橋で結ばれていることから「ブラジルのヴェニス」と呼ばれている
・「レシフェ」という名は海岸に沿ってある珊瑚礁にちなんでつけられた
・地元の漁師はこの地方特有の「ジャンガーダ(jangada)」と呼ばれる、美しい帆を張った丸太組みのいかだに乗り、海へ出る
・砂糖、綿。コーヒーなど内陸部の産品が、このレシフェから輸出されている

●ポルト・アレーグレ

・リオ・グランデ・ド・スール州の州都
・ブラジル南部で最大の都市
・1742年にアゾレス諸島からの移民によって創設
・19世紀以降は多数のドイツ系やイタリア系移民が流入
・5つの河川の合流点にあることから、ブラジルの産業や商業の中心の一つだけでなく、港湾都市としても重要な役割を担っている
・内陸部の豊かな農牧畜産品の内、皮、コンビーフ、米などは、遥かアフリカや日本にまで輸出されている